2010年05月13日

<乳児虐待>布団に投げつける…容疑の父を逮捕 和歌山県警(毎日新聞)

 生後9カ月の長男を布団に投げつけるなどしたとして、和歌山県警田辺署は9日、住所不定、無職、岡本拓郎容疑者(21)を暴行容疑で逮捕した。

 同署によると、長男は頭部打撲の軽傷で、傷害容疑に切り替えて送検する方針。「抱いて布団に置いただけ」と容疑を否認しているという。

 逮捕容疑は、同日午後2時ごろ、同県田辺市の岡本容疑者の親類宅で、泣きやまない長男をつかみ上げ、1階居間の布団に複数回投げつけるなどの暴行を加えたとしている。

 暴行を見た岡本容疑者の妻(19)が通報した。岡本容疑者は妻、長男の3人で大阪府内に住んでいたが、今月2日から親類宅に滞在していた。【岸本桂司】

【関連ニュース】
乳児虐待:長女の足にアイロン 22歳の両親逮捕…福島
江戸川男児虐待死:学校側、児相などに通告せず…中間報告
乳児虐待:壁に頭打ち付け重傷 22歳父逮捕 茨城
虐待:6歳の男の子が脳内出血で重体 義父を逮捕 三重
虐待:5カ月の長女を壁にぶつける 母親逮捕 愛知・常滑

<JR岐阜駅>飛び込み寸前の男性 客3人が制止(毎日新聞)
<訃報>平野勇夫さん85歳=元毎日新聞取締役編集主幹(毎日新聞)
沙也さんの心臓移植、米で無事終了…容体も安定(読売新聞)
鳩山首相元秘書の有罪確定=偽装献金事件−東京地裁(時事通信)
<豊川一家殺傷>父の給料管理は容疑者の自立目的(毎日新聞)
posted by ハネダ タケハル at 08:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月27日

「政策不一致」の数合わせ 舛添新党の暗い船出(J-CASTニュース)

 舛添要一参議院議員が新党結成のため、2010年4月22日に自民党本部を訪れ離党届を提出した。新党旗揚げの記者会見は23日に開かれるが、マスコミでは「数合わせ新党」「ガラクタ新党」などと揶揄され、船出を前に評判はさっぱりだ。

 新党に参加するのは「改革クラブ」代表の渡辺秀央参院議員と幹事長の荒井広幸参院議員、山内俊夫参院議員の3人と、自民党の矢野哲朗参院議員、小池正勝参院議員。

■「錦の御旗を立てずに船出させた」

 このメンバーについてはかなり厳しい意見、疑問が出ている。

 特に話題になっているのは、新党に参加する荒井議員。民営化反対で自民党を離党した人物だ。一方、舛添議員は郵政民営化推進派だ。

 2010年4月22日放送のワイドショーではその点に批判が集まった。TBS系「朝ズバッ!」では、舛添議員が郵政民営化推進派だったのに対し、荒井議員は郵政民営化に反対し05年に自民党を離党したことを指摘。これで統一した政策が掲げられるのかという議論になった。元三重県知事の北川正恭早稲田大学院教授は、

  「自分ならこうするから是非ついてきてくれ、という錦の御旗を立てずに船出させた」

と疑問を呈し、

  「新党結成に当たり大人の話をしている、と言っていたが、大人の話は胡散臭く思われてもしょうがない」

と切り捨てた。

■「ガラクタ新党」と呼ばれている?

 読売テレビ系「ミヤネ屋」では、舛添新党が「ガラクタ新党」と呼ばれていることを紹介したうえで、読売テレビの岩田公雄解説委員が、

  「新党を立ち上げるのにギリギリの時期。自民党を乗っ取れれば一番良かったが半ば追い込まれた形だ」

と説明した。

 フジテレビ系「とくダネ!」でも、時事通信の田崎史郎さんが、国民的人気は高いが、今回の新党結成のやり方やメンバーを見ると「ちょっとどうかな?」と首を傾げた。政策を掲げずに新党を作ってもいい結果は生まないと見ている人が多いのでは、というのだ。

 舛添議員は2010年4月21日の川崎市での講演の後、「新党結党宣言」をした。これまでいろいろ噂は流れていたが「新党を結成するとは一言も言っていない」と否定していた。舛添議員は自民党執行部に対し「闘う戦略も能力も気力も欠けている」などと刷新を求めていた。ただ、最近は自民党内部から舛添議員に対する批判が続出し、「離党勧告」が出される寸前になっていた。


■関連記事
ポスト麻生に待望論 舛添要一ってどんな人物? : 2009/07/09
舛添氏と4月に旗揚げ? 鳩山弟の新党構想 : 2010/02/15
「立ち枯れ」「ガンダム」「敬老会」 新党「たちあがれ日本」の連想 : 2010/04/08
ネットメディアが新聞・テレビに代わる 佐々木俊尚「マスコミは、もはや政治を語れない」 : 2010/04/07
政治家秘書は「複数ケータイ」で選挙を回す : 2009/08/07

猿橋賞に高橋奈良先端大教授=体形成の仕組みで先駆的研究(時事通信)
1万1800キロ区間で規制見直し=最高速度10キロ引き上げも−警察庁(時事通信)
要介護認定見直しや職員の待遇改善求める―高齢社会をよくする女性の会(医療介護CBニュース)
ブラジル野菜 日系人ら栽培に成功 岐阜(毎日新聞)
宮崎の牛、口蹄疫疑い2例目(産経新聞)
posted by ハネダ タケハル at 17:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

中国艦隊が反転、東シナ海に向け北上…帰港か(読売新聞)

 防衛省は22日、沖縄本島と宮古島の間の公海上を今月10日に南下した中国海軍の艦隊が22日午後零時30分頃、太平洋から両島間を通り、東シナ海に向けて北上したと発表した。

 海上自衛隊の護衛艦が確認した。

 艦隊は北西に進んでいることから太平洋での活動を終了して中国に帰港する可能性があり、海自が引き続き監視している。

 防衛省によると、中国艦隊10隻が通過したのは、沖縄本島の南西約130キロの公海上の海域。10日に南下した際と同じく、潜水艦2隻は浮上していた。

 艦隊は10日に南下した後、沖ノ鳥島西方の太平洋上で艦載ヘリの飛行や洋上補給などを行っており、同省は、訓練などを実施していたとみている。

 8日と21日には艦隊から発艦したヘリが海自護衛艦に接近して飛行したが、今回の通過の際には危険行為などはなかった。

 今回の中国艦隊の活動について、折木良一・統合幕僚長は22日の定例記者会見で「潜水艦も含む艦隊が行動したという面で、中国海軍の能力がアップしたことの一端だ」と述べた。

強制起訴、有罪立証へ 明石歩道橋事故“急造検察官”困難な道(産経新聞)
乳児投げつけ「責任を痛感」こどもセンター陳謝(読売新聞)
時効撤廃が参院可決 月内にも成立、来月施行へ(産経新聞)
両さん像壊された…亀有のシンボル設置からわずか1か月(スポーツ報知)
首相一転「資料提出必要ない」…偽装献金事件(読売新聞)
posted by ハネダ タケハル at 09:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。