2010年06月16日

がん患者死亡率5.6%減(産経新聞)

 がん患者の死亡率が3年前に比べ5・6%減少していることが15日、厚生労働省がまとめたがん対策推進基本計画の中間報告で分かった。基本計画では死亡率を平成17年から10年間で20%減少させることを全体目標としており、厚労省は「目標達成に向け、順調に減少している」としている。

地球帰還へエンジン最終噴射=13日夜、カプセルが豪州落下へ−探査機はやぶさ(時事通信)
化学工場で8人負傷=塩酸漏れる―千葉(時事通信)
<参院代表質問>菅首相「棒読み答弁」 社民には一転丁寧に(毎日新聞)
高速一部無料化、28日スタート=宮崎2区間を年内に追加―国交相発表(時事通信)
亀井氏「連立離脱の覚悟」…郵政と会期延長で(読売新聞)
posted by ハネダ タケハル at 18:03| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

就活支援で「卒業後も3年間新卒扱い」 公明党の参院選マニフェスト (産経新聞)

 公明党の夏の参院選マニフェスト(政権公約)の全文が3日、明らかになった。雇用対策では、新卒の未就職者に対する就職活動支援を掲げ、大学卒業後3年間は「新卒者扱い」とする法整備を進める。

 低所得者や高齢者向けの住宅としては「セーフティネット住宅」を100万戸確保。国会改革では、国会議員の歳費を削減するとしただけで、素案で「3割削減」とした数値目標は見送った。議員定数の削減目標も明記されなかった。

 主要政策として(1)雇用保障や年金・医療の充実など新しい福祉を提案(2)景気対策・成長戦略(3)クリーンな政治の実現(4)国民のための行政の実現−の4つを掲げた。

【関連記事】
消費税率「当面10%」 自民、参院選公約に明記
菅代表就任なら消費増税に踏み込みも 参院マニフェスト
見直し連発の経済政策 大風呂敷の末に投げ出し
「責任重大」他党の批判が集中 参院選民主陣営からは安堵の声も
「独り勝ち」のみんなの党、無党派層吸引
「はやぶさ」帰還へ

菅・オバマ初の電話会談、サミットで首脳会談へ(読売新聞)
医療事故で賠償できる医療費の設定を(医療介護CBニュース)
民主など3党の参院幹部、郵政改革法案の今国会成立へ協力確認(産経新聞)
APEC貿易相会合、閉幕へ=自由化推進声明を採択(時事通信)
<鳩山首相辞任>世論のそっぽ響く 沖縄県民「当然だ」(毎日新聞)
posted by ハネダ タケハル at 21:09| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。